next one is the best one

最高の1枚を、日々追い求め続ける、新米フォトグラファーのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

暁鶏鳴時

暁鶏鳴時

母の手術が終わって、約2週間が過ぎ去りました。

退院後の母は、医者から激しい運動、車の運転など、

基本的に腰に負担のかかる行動をことごとく禁止されています。

そんな中、毎日の夕食の食材調達や、家で暇な母のために(半分は自分のために^^;)

レンタルビデオショップでDVDを借りて来たりなんかもしています。

そういったときに必要な車の運転などを、僕が一手に引き受けてやってきました。

幸い、薬のおかげが大な訳ではありますが、鬱症状も、おとなしくしていてくれました。

そして明日、退院後2週間の診察があります。

病院への運転手はもちろん僕です。

診察は10時からということで、本来ならば僕は今、明日に備えて寝ていなければならないのですが、

どうにも寝付けないので、こうして久しぶりのブログを書いているわけです。

「明日は診察が終わったら、お昼に何か美味しいものでも食べに行こう」

と母が希望しているので、飲食店紹介サイトをネットで調べ、

近場にある評判のつけ麺屋さんに連れて行こうと思っています。

明日の診察で、主治医のお医者さんが、どのような判断を下されるのかはわかりませんが、

とりあえず一区切りが付いたような気がして、僕は少々気が抜けてしまい、

おとなしくしてくれていたはずの鬱症状が、にわかにぶり返し始めています。

実はこれだけが原因なのではなく、本当の原因は他にもあって、それは僕の誕生日にまつわることなのです。

僕の誕生日は10月11日。

もう、1週間を切りました。

毎年のことなのですが、この「誕生日」が差し迫ってくると、僕は鬱症状がひどくなる傾向にあります。

それはひとえに、「この1年間、僕は何をして来ただろうか・・・」という、

索漠とした疑問にぶちあたるからなのです。

充実した生活を送っていらっしゃる方であれば、

このような疑問なんて吹き飛ばせるくらいのエネルギーをお持ちだと思うのですが、

僕はいわゆる「リア充」(恋愛に限らず実生活全般の充実度)ではないわけです。

夢はあります。夢、というよりも、目標といったほうが、実感的には近いです。

楽しかった夏が過ぎ、ぼーっとしているとあっという間にやってくる10月という季節。

これから厳しい冬に向かって行く、精神的にもきつくなる時期を迎えるこのときに、

僕は、後半年、来年の春が来るまで、無事に生きていられるだろうかと、不安になるのです。

とても弱い人間だと思います。

でも、この弱さ故の他の人は持ち合わせていない「感性」というものが、必ずあるだろう。

そう思えるから、いまでも、そしてこれからも、自分を「フォトグラファー」として名乗れるのだと思うのです。

眠れない夜、寝ることを諦めて夜明けを待ち、なに色とも形容しがたい空の色を拝むことができる、

本当に、小さな小さな幸せに、生かされている。と思うのです。

「君はまだ、死ぬべきではない人間なんだよ」と何処かにいる全知全能の神様が、

優しく微笑みかけてくれているような気がするのです。

宗教なんていう人間が作った垣根なんて飛び越えた、何か感じる見えない何かが、そうささやいているのです。
  1. 2011/10/07(金) 05:20:42|
  2. photography
  3. | コメント:0
<<目眼芽 | ホーム | 一滴一滴の生きる希望>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

swan

Author:swan
各種撮影のご依頼、写真の貸し出し販売など、お仕事のご相談、ご依頼、大歓迎です!
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

walkingswanをフォローしましょう 気軽につぶやいています。

最新記事

カテゴリ

photography (76)
未分類 (1628)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

twitter / walkingswan

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。